院長のあいさつです
こころの不調ってどんなもの
はじめて受診されるかたへ
ご家族や職場のかたへ
治療について
診療時間と地図です

当院の個人情報保護方針


  印刷用案内図です330KB

 
アクロバットリーダはこちらから

NPO法人 みどりの風

  お役立ちリンク



Photo by (c)Tomo.Yun

うつ病

気分が憂うつになり、やる気が起こらなくなる心の病気です。
絶望感や罪悪感が強くなり、自殺などの危険が高まる場合もあります。
転勤や昇進、引っ越しなどが契機になる場合もあります。

抑うつ病

うつ病ではないけれど、うつ病によく似た症状をいくつか呈します。
症状が強くなるとうつ病と同様の状態になる危険もあります。
以下のようなものがあります。

仮面うつ病 うつ病のように気分の落ち込みは目立たず、不眠や食欲低下、頭痛などからだのあちこちに不調が現れます。
孤独になりやすい初老期のお年寄りなどに多くみられます。
空の巣症候群 子どもの巣立ちとともに、ひとり取り残された気分から落ち込んでしまう、子どもの育児や家庭の仕事に打ち込んできた主婦が陥りやすい状態です。
燃えつき症候群 仕事に全力で取り組んできた人が、ある日突然何もしたくなくなってしまう、有能な働き者に起こりやすい状態です。
仕事中毒(ワーカーホーリック)ぎみの人は特に注意が必要です。

気分変調症

比較的軽度の抑うつが、慢性に長期間続いてしまう状態です。

双極性感情障害

うつ状態の症状のみならず、躁状態(おしゃべりになる、活動的になる、怒りっぽくなる、金遣いが荒くなるなど)の症状があり、うつ状態と躁状態を繰り返す気分の病気です。
うつ病と診断されている方の中には、経過中にこの病気に移行していく方もいます。

不安性障害

過剰で自分ではコントロールできないような不安に襲われる心の病気です。
心配事や悩み事を気に病むあまり、イライラ感や疲れやすくなる(全般性不安障害)、ある状況が怖くなる(恐怖症)、些細なことにこだわってしまう状態(強迫性障害)などが含まれます。
昔は神経症とかノイローゼとか言われていました。

1 / 2 / 3 >>

 

Copyright (c) Sakuramachi HeartCare Clinic.